Windows XP Modeを社内LANへ | アイティーアシスト

Windows XP Modeを社内LANへ

Windows7が発売されて1か月ほど経過しました。

WindowsVistaと比べても売れ行きは順調なようですね。

ところでWindows7の上位エディションではWindowsXPModeという機能を利用することができます。

これらは最初から含まれているわけではなく、Microsoftより『Windows Virtual PC RC』と『Windows XP Mode RC』をダウンロードし、インストールを行うことによって使用できます。

私も実際に使ってみました。

基本的にVista対応のソフトであればWindows7でも動くはずなのですが、中にはWindows7にインストールしようとするとWindows Meと誤認識してインストールできないものもありました。こんな誤認識もあるんですね。

それで現在の段階でWindows7に対応していないソフトがあればこのXPモードにインストールしています。

対応ソフトのいかんにかかわらず、2つの環境を使い分けられるのはとても便利です。

さて、基本的なアプリケーションのインストールが終わり、環境構築を終えようとしたところ1つ問題が。

Windows7(ホストOS)とXP Mode(ゲストOS)のIPグループが異なっているではありませんか!?

つまりホストOSと同じグループのネットワークプリンタを見ることができません。

たとえばホストOS側が192.168.1.xxxでこれはつまり1グループにいることをあらわしていますが、
ホストOSでは192.168.131.xxxが割り当てられます。

これはつまり、Windows7が内部にネットワークを作成してそこの中でまたオリジナルのIPアドレスを割り振っているからなんですね。

Windows7が中継してくれるため、ホスト側さえネットワークにつながっていればインターネットにつなぐのに何の支障もありません。

ですが、先ほどのようにLAN内にファイルサーバがあったり、ネットワークプリントを活用したい場合、同じグループに入らなければいけません。

では、どうすればよいのでしょうか。

(1) ネットワークアダプタにホストOSのNICを直接指定する。

nic

上記はXP Modeのデバイス設定画面です。

ネットワークの項目では仮想も含めて4つまでのNICを登録できるようになっています。

デフォルトは共有ネットワーク(NAT)になっていると思います。

内部ネットワークは他の仮想OSと共有する際に指定します。

そして今回はホストOSのグループに入りたいので、ここでは外部のNICを直接指定します。

※ゲストOSでNICを指定する場合、排他制御のためホストOSからはネットワークが使用できなくなります。

こうすることによってゲストOSはハードウェアのNICを利用して直接LANにアクセスすることができます。

上記はパソコンにNICが1つしかない場合、のケースです。

(2)? NICを増設してそれぞれに1つずつ割り当てる

上記の方法で切り替えればどちらからでもLANにアクセスすることができます。

しかし、そのつど切り替えるのが煩わしく思えることもあるでしょう。

その場合、スペースや予算が許せばNICを増設する方法で対応することもできます。

nic2

上記は増設後の表示です。

ホストOSとゲストOSとで違うNICを割り当てれば、どちらも同時にLANにアクセスすることができます。

NICの増設は比較的簡単ですが、ご自分での作業が難しい場合はアイティーアシストへご用命ください。


Author: Nishi
システム開発、管理を担当しています。 どちらかというと裏側の仕事が多いですが、 開発したものがどこかで社会の役にたってほしいと願うのは開発者であればみな同じはず。 そんな観点で実は便利もしくは有益だけどあまり知られていないITのさまざまな分野を記事で紹介していきたいと考えています。

コメントは受け付けていません。